此花区・西九条・内科・皮膚科・糖尿病内科・小児科・美容皮膚科『よねだ内科・皮フ科』。総合内科専門医・糖尿病専門医、皮膚科専門医が連携し、小さなお子様からあらゆる年齢の方まで、幅広い内科診療・総合診療、皮膚に関する診療をいたします。

内科の対象となる主な疾患

内科の対象となる主な疾患

糖尿病

高血圧症

脂質異常症

肥満症

高尿酸血症

骨粗鬆症

甲状腺疾患

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠中に無呼吸を繰り返すことで、様々な合併症を起こす病気です。
いびき、夜間の頻尿、日中の眠気や起床時の頭痛などを認めます。


睡眠時無呼吸症候群 日中の眠気は、作業効率の低下、居眠り運転事故や労働災害の原因にもなります。
成人SASでは高血圧、脳卒中、心筋梗塞などを引き起こす危険性が約3~4倍高くなり、特に、重症例では心血管系疾患発症の危険性が約5倍にもなります。
問診などでSASが疑われる場合は、携帯型装置による簡易検査や睡眠ポリグラフ検査にて睡眠中の呼吸状態の評価を行います。



CPAP(シーパップ:持続陽圧呼吸療法) CPAP(シーパップ:持続陽圧呼吸療法)とは、機械で圧力をかけた空気を鼻から気道(空気の通り道)に送り込み、気道を広げて睡眠中の無呼吸を防止する治療法です。
CPAPは、15~20cm位の大きさであるCPAP機器本体と、あらかじめ設定した圧力で空気を送るチューブ、鼻に当てるマスクからなり、睡眠中はこれを装着します。


圧力の大きさは、常に一定の圧力を保つ場合と、無呼吸の時にあわせて自動的に圧力が増す場合の2パターンに分かれますが、患者さんの病状に応じて医師により設定されます。
重症の睡眠時無呼吸症候群の患者さんにおいて、CPAP治療を行った場合と行わなかった場合とを比較した研究によると、CPAP治療を行った患者さんの方が明らかに長生きできたなど、多くの研究によって、睡眠時無呼吸症候群に対するCPAPの効果が証明されています。
現在では中等~重症の閉塞型睡眠時無呼吸症候群の標準的治療法として広く用いられています。
(日本呼吸器学会ホームページより引用)


睡眠時無呼吸症候群の簡易な検査 当院では自宅で行える睡眠時無呼吸症候群の簡易な検査も取り扱いがあります。

クリニック情報
CLINIC INFORMATION

診療時間 TIME TABLE

診療時間
 9:00~12:30
15:00~19:00

休診日水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

アクセス・地図 ACCESS

MAP

〒554-0012 大阪府大阪市此花区西九条4-3-34
セントメディックビル3F

1階がローソンのビルの3階です

JR大阪環状線・阪神なんば線「西九条」駅より 徒歩約1分

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6466-1001
PAGETOP
Copyright © 2019 よねだ内科・皮フ科 All Rights Reserved.