此花区・西九条・内科・皮膚科・糖尿病内科・小児科・美容皮膚科『よねだ内科・皮フ科』。総合内科専門医・糖尿病専門医、皮膚科専門医が連携し、小さなお子様からあらゆる年齢の方まで、幅広い内科診療・総合診療、皮膚に関する診療をいたします。

研究活動(2)

研究内容

劇症1型糖尿病は1型糖尿病のサブタイプで、急激な発症とほぼ完全なβ細胞破壊という特徴を有し、その発症にはウイルス感染の関与が示唆されています。

これまで劇症1型糖尿病患者剖検膵で認められたウイルスはエンテロウイルスのみですが、薬剤性過敏症症候群(DIHS)ではHHV-6やヒトサイトメガロウイルス(HCMV)の再活性化が認められ、経過中に劇症1型糖尿病を合併した症例報告が散見されます。

今回、血中HCMV抗原陽性のDIHS発症1か月後に劇症1型糖尿病を併発した症例を検討する機会を得ました。
免疫組織化学的検討の結果、HCMV陽性細胞が膵島(α細胞)・外分泌領域に認められ、劇症1型糖尿病患者膵においてエンテロウイルス以外のウイルス感染が初めて証明されました。
さらにHCMV陰性膵島よりもHCMV陽性膵島に多くの炎症細胞の浸潤が認められたことから、β細胞傷害の機序としてHCMV特異的な免疫応答が膵β細胞に波及した可能性が考えられました。

また、HCMV陽性細胞にIRF3(I型IFN産生に必須の転写因子)、一部のα細胞にIRF3、ZBP1(DNAウイルスレセプター)、RIG-I(RNAウイルスレセプター)の発現を認め、代表的な抗ウイルス免疫応答であるI型インターフェロン産生経路の活性化が示唆されました。

RIG-I~IRF3/7経路はエンテロウイルス感染劇症1型糖尿病患者膵でも示されており、劇症1型糖尿病発症においてはウイルス種が異なってもI型インターフェロン産生経路の活性化が共通であることを明らかにしました。

研究活動イメージ

クリニック情報
CLINIC INFORMATION

診療時間 TIME TABLE

診療時間
 9:00~12:30
15:00~19:00

★…内科のみ16時からの診療となります。

休診日水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

アクセス・地図 ACCESS

MAP

〒554-0012 大阪府大阪市此花区西九条4-3-34
セントメディックビル3F

1階がローソンのビルの3階です

JR大阪環状線・阪神なんば線「西九条」駅より 徒歩約1分

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6466-1001
健康診断|詳しくはこちら 初診の方へ|詳しくはこちら よくあるご質問|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら オンライン診療|詳しくはこちら
診療時間・休診日 アクセス・地図
PAGETOP
Copyright © 2020 よねだ内科・皮フ科 All Rights Reserved.